HOME > TOP > Introduction | Variations|
| TOP camera | Accessories |



   グッチーについて
 

グッチーは1938年(昭和13年)にアース光学株式会社より発売されました。ミゼット(美篶商会)、マイクロ(三和商会)と共に戦前の三大豆カメラと呼ばれた代表的な豆カメラです。

ミゼットとマイクロは、裏紙付きの17.5ミリ幅フィルムに、14×14ミリの写真を10枚撮る事が出来ました。裏紙付きの17.5ミリ幅フィルムは、16mm判が登場するまでは、ほとんどの豆カメラに採用され、ミゼット判と呼ばれて標準規格となっていましたが、グッチーはこれらとは異なり、裏紙付きの20ミリ幅フィルムに、18×18ミリの写真を10枚撮るという仕様になっています。

このフィルム規格を採用した理由は定かではありませんが、グッチー、トップと、マイクロフレックス(秋田製作所)だけが採用した規格です。

(図は1939年(昭和14年)・「アルスカメラ」5月号広告)

 


HOME > TOP > Introduction | Variations|
| TOP camera | Accessories |

Copyright (C) 2010-2017 Guzzi Camera Page. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.