HOME > TOP > Introduction | Midget Original | New Midget |
| New Midget II | New Midget III | Accessories |


   ニューミゼットIII 型 1951(昭和26)年〜
    戦後になって登場したのがこのモデルです。前型の発売より11年が経過しており、
豆カメラブームもそろそろ終焉を迎えようとしていた時期です。
これまでの型とは一変してボディーシャッター・虹彩絞り(4.5,6.3,8,11)・
セット式ボディーシャッター(B,25,50,100)への改良など、
機能面での充実を図った意欲的な製品に仕上がっていますが、
同時期の他社製品と比べると、出遅れた感は否めません。


 
パーツ バリエーション
ネームプレート
前期型
MIDGET
Jilona
後期型
MIDGET
Model III

軍艦部刻印
前期型
Jilona
MIDGET
No.354425
後期型
Model III
MIDGET
Pat.No.357598


 
■ミゼットIII型の取説より

ミゼットIII型カメラに就いて
ニューミゼットIII型は各位の御要望により、F4.5レンズを装備し、四枚構成のレンズで鮮鋭度が加り、冬季又は曇天の撮影も苦になりません。掌中一握の容積と形態は変わりませんが熟練せる工作は愈々冴え、機構はより、スムースに、ボデー金属部の銀色梨地クロームと外皮の黒色とはスマートな調和を示し、将に一個の工芸品とも見るべき外容を備えて居ります。ニューミゼットIII型はサイズは小さいが適切な微粒子現像の原版は優四切大の見事な引伸が得られることは嘗て懸賞募集したミゼット作品に於て既に証明済です。容積はマッチ箱位ですから携帯感がなくてよいとアルピニスト、ハイカー、スポーツマン等の男性ばかりでなく、婦人はハンドバックに入れて置けば一種の万年筆ともなり即ち、カメラで描くメモ、スケッチ用のペンカメラとして面白く各層の御愛用を賜つて居ります。



 
■ボディーシャッターを備えた国産豆カメラ一覧(コーナン16、ミノルタ16、マミヤ16を除く)
1947年 Rubix(ルビックス) 菅谷精光
1949年 SNAPPY(スナッピー) 小西六
1949年 BLONDY(ブロンディー) 柏精工
1949年 Tsubame(ツバメ) メーカー不明
1950年 Zany(ザニー) 日本精密機工業
1951年 Midget III (ミゼットIII 型) 美篶商会
1954年 Saica(サイカ) 森田商会
1955年 Sweet16(スゥイート16) 東郷堂
1956年 Kiku16,Gem16(キク16、ジェム16) 森田商会
1957年 Golden Steky(ゴールデンステキー) リコー
1958年 Richo16(リコー16) リコー
不明 Gamma(ガンマ) メーカー不明
不明 Halmat(ハルマット) メーカー不明(森田商会?)


HOME > TOP > Introduction | Midget Original | New Midget |
| New Midget II | New Midget III | Accessories |

Copyright (C) 2006-2017 Midget Camera Page. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.