> TOP  
 

管理人:友藤博文(ともふじ・ひろふみ)
国産豆カメラを中心に、広く浅くではなく、機種を絞り込んで「深く濃く」をポリシーに豆カメラを蒐集。
インターネットの普及で、海外のコレクターやセラーとリアルタイムに情報交換が出来、
蒐集・分類もやり易くなったと感じます。
国内では、一部のコレクターを除いて豆カメラの認知度は低く、
おもちゃと思われて、捨てられる運命にあるものも少なくありません。
よく分からない、小さなカメラが押入れや倉庫から出てきたら、捨てる前にご一報ください。
値段は安いものですが、大きな歴史を経てきた「カメラ」としての価値を認めてあげたいと思います。

執筆履歴
■カメラレビュー( 朝日ソノラマ刊) 
  NO.71 P.109 「バリエーション豊富な国産豆カメラ・マイクロのすべて」 (2003.02.)
  NO.74 P.26 「バリエーション豊富な国産豆カメラ・マイティーのすべて」 (2004.11.)
  NO.81 P.84 「バリエーション豊富な国産豆カメラ・ミゼットのすべて」 (2006.08.)

■カメラコレクターズニュース
  316号(2003.10月号) 豆カメラ・マイティーのすべて

■『THE HIT PROJECT 2003』
  A REFERENCE TO THE CLASSIC JAPANESE NOVELTY CAMERA( Mike Parker著)
  P.32 「THE MYCRO CAMERA」

取材
■男の隠れ家(あいであ・らいふ刊)
  2005.10月号 P.107 「コレクター訪問・特別編」

展示
■大丸梅田店 第11回クラシック&中古カメラフェア
  2005.3.16〜21. 特別企画展示 「豆カメラコレクション」

その他
オリンパスのズイコークラブサイト、『ZUIKO CLUB[デベロッパーズ スピリッツ]』の記事 Vol.5 に
当サイトから画像と情報を提供させていただきました。

email :



 
  Copyright (C) 2003-2017 Mighty Camera Page. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.